ミャンマーの街・観光地

マンダレーについて【ミャンマーの都市】

EDIT BY おの
おの

こんにちは!
今日はミャンマーのちょうど真ん中にある古都マンダレーをご紹介!

マンダレー地方域の根幹都市、マンダレー

マンダレーはかつての王朝の都で今でも王宮や古跡が残る素敵な町です。
日本でいうところの京都奈良ですね!
マンダレーの画像

マンダレーの基本情報

  • 名前:マンダレー(Mandalay)
  • 人口:1,208,099人

マンダレーのおすすめスポット

マンダレーヒル(Mandalay Hill)

古都マンダレーを一望できる展望スポットです。
頂上に登る道中や丘のふもとにも寺院やパゴダ、お土産物屋さんが並んでいるので上から下まで全部楽しめる素敵な山です。
マンダレーヒル自体が神聖視されているため、ラフな格好で行くと顰蹙をかうので注意!!
展望テラスから町を見渡してマンダレー観光の作戦を考えるのもいいですね!
マンダレーの画像

シュエナンドー僧院(Shwe Nandaw Monastery)

木造のお寺で細かい装飾が施された外観は荘厳の一言です。
実はミャンマーにはこういった木造のお寺はあまり残っておらず、かなりレアなお寺になります。
きらびやかなパゴダもいいですが、日本人にはこちらのほうが親しみやすいかもしれませんね。
マンダレーヒル観光と合わせてどうぞ!
シュエナンドー僧院の画像

ウーベイン橋(U Bein Bridge)

知る人ぞ知る世界最長の木造の橋です。
なんとその全長1.8km!
サンセットを背景にしたこの橋の写真はミャンマー観光紹介にはつきものですよね!
乾季に行くと水が枯れて一風変わった風景が楽しめます。
ウーベイン橋の画像

さいごに

いかがでしたか?
マンダレーはミャンマー旅行のマストスポットで間違いありません!
ご旅行の際にはぜひ!!

トップへ