ミャンマー関連ニュース

ミャンマーのガソリン価格状況【2024/07/16】

EDIT BY たけ
たけ

ミンガラーバー。

世界では、物価高騰が食料品を取り上げられることが多いですが、原油も刻々と上昇しています。ミャンマーも例外ではありません。
ミャンマーでは、主にバイクが移動手段の一つになっています。国民は、一層の生活難が続いています。

ミャンマーのガソリンについて日々更新しています。

ミャンマーのガソリン価格について

2024年6月25日現在、ミャンマーのガソリン価格は地域によって異なります。
ミャンマーではガソリン価格が急上昇しており、2023年12月12日現在、1リットルあたり約2,400チャット(約170円)に達しています。これは1年前の約5倍の値段です。
ヤンゴン、マンダレー、ネピドー、バゴのモゴックガソリン価格の変動が違います。

ミャンマーと日本のガソリン比較

ガソリンには、オクタン価によって種類があります。オクタン価とは、エンジンのノッキングを防ぐ能力を表す指標です。一般的に、オクタン価が高いほど、ノッキングが発生しにくくなり、エンジン性能が向上します。

  • レギュラーガソリン(RON90~93):最も一般的なガソリンです。
  • ハイオクガソリン(RON95~98):レギュラーガソリンよりもエンジン性能が向上しますが、価格も高くなります。

数値が大きいほど濃度が高いものになります。

ガソリン販売種類

細かく販売の種類があります。一般的にRON92,95を使用する方が多いです。

  • ディーゼル
  • プレミアムディーゼル
  • RON(オクタン92)
  • RON(オクタン95)

ガソリン値段

通貨は、現地「ミャンマーチャット(MMK)」です。

  • ディーゼル:2465(前日+-)
  • プレミアムディーゼル:2890 (前日+-)
  • RON92:2700(前日+-)
  • RON95:2820(前日+-)

ソース

各地で若干販売価格が異なります。
こちらよりMAX ENEGY確認ができます。

おわりに

エネルギーは、生活に欠かせないものになっています。日に日に生活が大変になっているのは、すごく残念でもあります。
早く以前のような生活になることを切に願いします。

トップへ