ミャンマーの街・観光地

ミッチーナーについて【ミャンマーの都市】

EDIT BY ピョー
ピョー

ミンガラーバー
今回のブログでは私がミャンマーで経営する日本語学校JTCのスタッフのピョーが「ミッチーナーについて【ミャンマーの都市】」について紹介する記事を書いてくれました。
以下はピョーが書いた文章です。

ミッチーナーについて【ミャンマーの都市】

こんにちは!
今日は、ミャンマー北部のカチン州の町をご紹介したいと思います。

カチン州の州都、ミッチーナー

ミッチーナーはミャンマー北部に位置するカチン州の州都です。
昔は都市じゃなくて村でした。
「ミッチーナー」は大きな川、イラワディ川、の近くにあるという意味です。
ミッチーナーの画像
ミッチーナーの画像

ミッチーナーの基本情報

  • 名前:ミッチーナー(Myintkyina)
  • 人口:約200,000人

ミッチーナーのおすすめスポット

ミッソン(Myint Sone)

ミッチーナーの北約28マイルにあるタンフェと呼ばれる村の近くのメイカ川とマリカ川が合流した場所です。
この場所はカチン州だけでなくミャンマー全土で有名です。
伝統的なカチン料理を販売するレストランもたくさんあって、お土産の写真撮影のために伝統的な衣装を借りることもできます。
緑の山々が見えて、景色がとても美しいのでここに来たら写真を撮ることをお勧めします。
ミッチーナーの画像

カチン国立マナウパーク(Kachin National Manau Park)

通常の公園との違いは、カチン族を象徴する重要なモニュメントがあることです。
ミッチーナーの画像
パークでは、カチン族が祝う毎年恒例の伝統的なカチンダンスフェスティバル(マナウフェスティバル)が開催されます。
カチンの伝統文学や文化を学ぶことができるところもパークの中にあるそうです。
ミッチーナーの画像
ミッチーナーの画像

カチン州立文化博物館(Kachin State Cultural Museum)

この文化博物館でカチン族の特徴や、民族衣装や家庭用品などを学ぶことができます。
カチン州立文化博物館は1994年11月6日に設立されました。
入場料は2ドルで、営業時間は午前10時から午後3時30分(火曜日から日曜日)です。

さいごに

いかがでしたか。
今回のおすすめスポットは伝統に焦点を当てて紹介しました。
次回はまた別の町の面白いところをご紹介したいです。

トップへ