ミャンマーの街・観光地

ピンウールインについて【ミャンマーの都市】

EDIT BY ピョー
ピョー

ミンガラーバー
今回のブログでは私がミャンマーで経営する日本語学校JTCのスタッフのピョーが「ピンウールイン【ミャンマーの都市】」について紹介する記事を書いてくれました。

以下はピョーが書いた文章です。

ピンウールインについて 【ミャンマーの都市】

今日はマンダレー地域にある美しい町をご紹介したいと思います。
ピンウールインです。
ピンウールインの画像

古くはメイミョーともよばれたまちです。
花がたくさん咲く美しくて平和な丘にある町として知られており、地元や外国の観光客でいつも賑わっています。

ピンウールインの基本情報

  • 名前:ピンウールイン (Pyin Oo Lwin)
  • 人口:約255,000人

ピンウールインのおすすめスポット

カンドージー国立植物園 (Kandawgyi National Botanical Garden)

1915年にアレックスロジャー(森林管理者)によって設立されました。
現在は177ヘクタールの植物園になっています。
500種以上の樹種、300種以上の蘭の種、その他の竹や花の種が見られます。
2006年から毎年12月に花まつりが植物園で開催されています。さまざまな種類の花で飾られていた花まつりはピンウールインで最も有名な祭りです。
公園には大きなプールや花屋など素敵な場所もあるのでこの公園に来たら、のんびり遊ぶことをお勧めしたいとおもいます。
ピンウールインの画像
ピンウールインの画像

マハーエントゥーカンターパゴダ (Mahar Ank Htoo Kan Thar Pagoda) 

ピンウールインの画像
ピンウールインからラーショーへの高速道路のダンマラティ(Dhammarati)丘にある有名パゴダです。
外から見るとパゴダのように見えますが中には仏像があります。高さは15フィートで、重さは17トンある大理石の仏像です。
丘の上にあるので、周辺の景色がよく見られます。
ピンウールインの画像

ペイチンミャウン鍾乳洞

ピンウールインの東約23キロメートルにある鍾乳洞です。
洞窟の近くにはロングペッパーがたくさんあったので、ペイチンミャウンと呼ばれています。
「ロングペッパー」はミャンマー語で「ペイチン」といいます。
洞窟の長さは1,600メートルです。
近くには滝があるし、洞窟から湧き水も出ているので、洞窟前の水は広くて水遊びができます。
ピンウールインの画像
洞窟の中には仏像や多種多様な仏教建築が楽しめます。
ピンウールインの画像

さいごに

自分で選んで果物を買うことができる農場もあります。
ピンウールインの画像
花だけでなく、ピンウールインのコーヒーやワインも適正な値段で人気があります。
ピンウールインはミャンマーでは、夏休みに暑さを避けに行くまちだとおもいます。
このミャンマーの都市の紹介がおもしろくて楽しいものになることを願っています。

トップへ