ミャンマーの街・観光地

ミャンマーの首都【ネピドーってどんな都市?】

EDIT BY おの
おの

ミャンマーの新首都「ネピドー
どんな特徴のある都市なのでしょうか?

ミャンマーの首都

ネピドーはミャンマーの首都です。2006年にヤンゴンから首都移転しました。
ミャンマーの政治の中心地となり、人口も徐々に増えてきています。

ネピドーの基本情報

  • 都市名:ネピドー (又はネーピードーとも)
  • 面積:7,054.37km2(市域)
  • 人口:推定114.5万人(2020年4月現在/労働・入国管理・人口統計省発表)

今後さらに発展しそう?

ネピドーは現在ミャンマーの最大経済都市であるヤンゴンと第2の都市マンダレーの間(中間より若干北より)に存在します。ヤンゴン-ネピドー-マンダレーを繋ぐ鉄道の再整備なども計画が進められており、ミャンマーの首都として更なる発展が期待されます。
国際空港も2011年10月にできましたが、現在は新型コロナウイルスの影響で閉鎖中です。コロナ以前はタイ王国・バンコク線、インド・インパール線、中国・昆明線が就航していました。

トップへ