ミャンマーを知る

よく分かるミャンマー数字【ミャンマー語便利帳】

EDIT BY おの
おの

こんにちは。
今日はミャンマー生活の最初の壁ともいえるミャンマー数字について解説します!

ミャンマーでは私たちにもなじみがあるアラビア数字に加えて、独自の数字表記が使われています。
限られた場面でだけ使われるなら問題ないんですが、体感で半々ぐらいの割合で目にします…
車のナンバープレート、住所の番地程度なら、わからなくても何とかなります。
しかし、お店の電話番号や値札までミャンマー数字で書かれていたりするので大変なんですよね。

ミャンマー語を勉強し始めたときには眩暈がしそうでした。
実を言うと今でも混乱しています…
みなさんのためにも、そして私のためにも今一度整理して正しい数え方をマスターしましょう!

0から9まで

ミャンマー数字の画像
二つ書いてありますが、どちらも「0」です。
普通手書きの場合は右の形で、パソコンで書かれたものは左の上下に割れている形になります。
ちなみに同じ形でミャンマー文字の「ワ」になるのでややこしいです。
でもアラビア数字と似ているので覚えやすい部類ですね。

読み方はトンニャです。
サンスクリット由来のようです。

値札や電話番号、いろいろな場面でよく見るのでしっかり覚えましょう!

1

ミャンマー数字の画像
視力検査の輪っかみたいな形が「1」です。
とはいえ、ミャンマー語のほとんどが視力検査の輪っかみたいなので紛らわしいですよね…

読み方はティッです。
後ろに助数詞が入るとタになります。

2

ミャンマー数字の画像
英語のJですね。書き方もJのように下半分は飛び出ます。
個人的に覚えやすいミャンマー数字一位です!

読み方は二ッです。
ちょっと鼻息を漏らしながら言ってください!ホントです。
後ろに助数詞が入るとナになります。

3

ミャンマー数字の画像
ミャンマー数字の1から右下にしっぽが生えた形ですね。
一見覚えやすそうですが、こいつがまぁまぁ曲者です…
4を見てもらえればわかると思います…

読み方はトウンです。

4

ミャンマー数字の画像
はい、困りましたね。完全に3と左右対称です。
私はこの3と4を並べて「♡」の形を作り、ハートの左半分が3で右半分が4、と覚えました。
覚えやすいかはわかりませんが、頭の中ハッピーになれて気に入ってます。

読み方はレーです。

5

ミャンマー数字の画像
皆さんが思ってることを当ててみましょうか?
「これ、9じゃない?」
当然9じゃないんです。5なんです。
でも皆さんの勘は正しいです。あとで分かります。
ちなみに下半分は飛び出ます。

読み方はンガーです。
ンはちゃんと言わなくても良くて、鼻声でガーというイメージで言ってみてください。

6

ミャンマー数字の画像
皆さんが思ってることを分かりますよ。
「これが6ならさっきのは9じゃない?」
確かに6はアラビア数字によく似てますけど、たぶんたまたまです。
下半分は飛び出ないです。ややこしいですね。

読み方はチャウです。

7

ミャンマー数字の画像
くねくねして下のほうまで伸びている形ですね。
見ようによってはアラビア数字の7に似ているかもしれません。

読み方はクンニッです。
後ろに助数詞がつくとコンになります。

8

ミャンマー数字の画像
ひらがなの「の」みたいな形が8です。

読み方はシッです。
形も読み方もくせがなくて、わりと覚えやすかった印象があります。

9

ミャンマー数字の画像
やってくれましたね。
「これが9ならさっきのを9にしてくれよ!」
なにか確信犯的なものを感じずにはいられません。
ややこしいことこのうえないです。
わたしも5、6、9はいまだにピンと来てなくて頭の中で一連のツッコミを入れながら考えています。

読み方はコーです。

10以上の数字

10以上は上記のミャンマー数字をアラビア数字同様に組み合わせて表記します。
書き方で難しいことは特にないです。

読み方は全部羅列するときりがないので、少しだけ紹介します。

  • 10(タセー)20(ナセー)30(トウンゼー)…
  • 100(タヤー)200(ナヤー)300(トウンヤー)…
  • 1000(タダウン)2000(ナダウン)3000(トウンダウン)…
  • 10000(タタウン)20000(ナタウン)30000(トウンタウン)…

特に千と万の位が聞き取りにくいです。
聞いている分にはほとんど同じようにしか聞こえないので、慣れないうちはちゃんと確認するようにしてください。

さいごに

いかがでしたか。
数字がわかるようになると思っている以上に情報が拾えるようになって、間違いなく世界が広がります。
数字がちゃんとわかるだけで結構現地のミャンマー人はびっくりしてくれるので、ぜひともがんばって覚えてみてくださいね!

トップへ