ミャンマーを知る

ミャンマーお金

EDIT BY たけ
たけ

こんにちは。竹之下です。

突然ながら、みなさん海外旅行は、よくいかれますでしょうか。
私は、とても海外旅行が好きで、よく行きます。

これまでに十数か国へ旅行したことがある中で、今回は東南アジアのミャンマーのお金についての紹介をします。

2022年現在、ミャンマーの貨幣通貨は、kyat(ကျပ်:チャット,キャット)が使用されております。
英語では日本円「JPY:Japanese Yen」とミャンマーチャット「MMK:Myanmar Kyat」と表記されておりますので、覚えておきましょう。
ミャンマーでは硬貨通貨がなく全て紙幣通貨を使用しております。

為替レート:100 JPY = 1354 MMK

紙幣には、50kyat,100kyat,200kyat,500kyat,1000kyat,5000kyat,10000kyatの7種類の紙幣を使われおります。

ミャンマーのお金の種類

ミャンマーお金の画像

左上から 50kyat,100kyat,500kyat,1000kyat,5000kyat

ミャンマーお金の画像

200kyat

写真をご覧いただいと思いますが、ミャンマーの紙幣には獅子と象が描写されております。
獅子は、守り神のように神聖されている象徴される動物であり、ミャンマー全土のパゴダという仏塔があるところでは祀られております。

象は、タイのイメージがあると思いますが、ミャンマーでも平和・繁栄をもたらす国宝として重宝されております。

ミャンマー新札発行

2020年1月より1000kyatがミャンマー中央銀行より発行がされました。
2022年7月には、500kyatも発行されました。

ミャンマーお金の画像

新1000kyat

どちらの紙幣にもアウンサン将軍が描かれています。
アウンサン将軍は、実は日本渡航歴もあり、面田 紋次(おもだ もんじ)と言う日本名をあり、日本にゆかりがあるのは驚きですね。

お金の両替事情

ミャンマーでは、アメリカドル・シンガポールドルが銀行・両替商では主に取り扱われております。
日本円から直接両替ができませんので、アメリカドルを持っていると便利です。

空港でも市内の両替商でもレートにあまり違いがないので、入国後は必要最低限のみ空港で両替をするとよいです。
ミャンマーでは他の国とは、少し違い、新札(いわゆるピン札)の方がよいとされております。
街の両替商では、汚れやきずなどがあると若干レートを変動する場合がありますので、ご注意ください。
可能であればATMからのキャッシングもおすすめします。

おわりに

今回は、ミャンマーのお金のことをご紹介いたしました。
世界のそれぞれの国のお金の肖像画には、偉人であり、功労者であり国々が歩んできた時間が象徴されているため、興味深いところがあります。
ぜひ、世界のお金の肖像画を調べてもみては、いかがでしょうか。

トップへ